ヨガがダイエットに効果な理由

ダイエット中の女性

近年、ダイエットの方法として親しまれてきたヨガですが、実際にヨガをしていない人には、 ヨガって具体的にどんなのだろう?って思われてるのではないかと思います。

そんなヨガで、ダイエットする方法を改めてまとめていこうと思います。

そもそもヨガとは、静と動からなりたっています。 呼吸を大事にし、ポーズをとることが動の動き。 動きが完成したら立ち止まる事を静と呼びます。

静の状態になったら、そのポーズを停止するわけですが初心者のうちは5〜10秒くらいで 動きをとめるのが良いでしょう。 慣れてきたら1分程度は同じポーズを保ったままでいられるようになります。

ではどうしてヨガがダイエットになるのか? それは、この動きをとめるというところにあります。 筋肉は5秒静止したあたりで、刺激をあたえ、筋肉にトレーニングとしての効果を もたらします。

ようするに腹筋と要領は同じとおもっていいかもしれません。 それにより筋肉が発達し、ダイエットに効果があるということです。

またダイエットとしてヨガを行う際、注意点がいくつかあります。

・固い床の上で直接ヨガをやらないこと
・食後2時間はやらないこと
・サイズのキツイ服をきてやらないこと
・できるだけリラックスした精神状態、環境で行う事

またヨガはダイエットの効果はじんわりと現れます。 なので、ヨガをつかってのダイエットは、比較的地味に取り組むことができ、 気長につづけることが出来る人に向いてるといえます。

ヨガダイエットの種類

ダイエットとして知られているヨガですが、様々なヨガがあります。

ホットヨガ

暖かい部屋、高い湿度の部屋でヨガを行い積極的に汗をかいていくもの。 暖かいところで行うので、発汗効果もたかくどんどん汗をかくのでデトックス効果もある。

また汗をかくとやはりすっきりするという観点からもストレス解消にも当然良いとされる。

フェイスヨガ

フェイスヨガとは、顔だけを動かすヨガではありません。 本来のヨガと、フェイスエクササイズを組み合わせたものをフェイスヨガといいます。

目をぱっちりさせたい、とか、首もとのしわを少なくしたい、などという悩みにも 最適です。

寝ころびヨガ

寝転びながらヨガをするもの。 片足でたったりとか、そういったバランスをあまり必要としないので、筋肉が少なくて 不安だとか若干面倒くさがりの人に最適です。

ヨガの種類をいくつか紹介しましたが、ここでダイエットヨガの基本的な動きの 紹介などをしていこうとおもいます。

コブラのポーズ

寝転がった状態でできるので、初心者には最適。 1、うつぶせの状態で寝て、手のひらを床につける 2、指先を脇のラインにそって置き、足をそろえる 3、息を吸いながら上半身をもちあげる 4、腕の力をつかわず、背中、お尻、腿の力をつかい胸を前に押し出していく 5、ゆっくりと呼吸をしながら、15秒〜30秒程度その姿勢をキープし、その後息を はきながらゆっくりと1の姿勢にもどる。

効果は腰痛の緩和や、背中の筋肉を柔軟にし姿勢を正しいものにします。