水泳ダイエット法

ダイエット中の女性

水泳もダイエットにとても効果的な運動です。運動することはどれも、カロリーを消費するので、ダイエットに効果的ですが、ハードなだけで減量にむすびつかなかったり、頑張りすぎて身体を壊したり、きつすぎて続かなかったりする運動はダイエットに向いていません。

水泳は水の中での運動という性質から、いろいろな面で普通のエクササイズより有利に働く点があります。水泳は脂肪燃焼に効果のある有酸素運動ですが、より負荷の多い泳ぎ方をすれば、筋力を鍛える無酸素運動にもなります。

そして、水の中では重力の影響が減り、ウォーキングやジョギング、エアロビなどの有酸素運動をする際に、痛めやすいヒザや腰への負担少ないので、運動をまったくしてなかった人も安心して始められます。また、水圧によって全身が刺激されるので、水中にいるだけで体内の老廃物循環もよくなります。

水泳すると保温のために逆に脂肪がつくのではないかと心配する人もいますが、体脂肪は健康的な生活に不可欠でもありますので、必要以上に減らすのはよくありません。

オリンピックの水泳選手がアザラシのような体型をしているでしょうか?していませんね。水泳をして脂肪がついて太ったというのは、ほとんどが運動で消費した以上のカロリーを、摂取してしまった結果です。

水泳の効能には腸の活動の活性化があり、便秘解消に効果があるのですが、弱った胃腸が活性化して食欲が出てしまうことも想像できます。ダイエットを目指して、水泳をしようという人はちゃんと運動と消費カロリーを把握していますから、こういうダイエット結果にはならないと思います。

花 水泳でダイエットしてキレイに

水泳は有酸素運動の代表です。水泳は筋力増加、体力維持、免疫力アップ、心肺機能の強化、アレルギーや喘息の改善、様々な効果のある運動です。水中のため、身体に負荷が少なく、ダイエットにももってこいの運動なのです。

かといっても、ダイエットを目的にする水泳は、ただ思うまま泳ぐより、効果のあるやり方があります。水泳は泳ぎ方や泳法によっていろんな段階の運動ができるのです。

ダイエットに有効な有酸素運動は普段の心拍数にプラス10%ほどの息が弾むぐらいの運動です。

水泳ダイエットに最も向いている泳法は平泳ぎです。平泳ぎはクロールやバタフライにくらべ、疲れにくくラクチンな泳ぎ方だとおもわれていますが、きちんと泳げば他の泳法にくらべて全身を使い、進むスピードが遅い分同じ距離を泳いだとしても、カロリー消費が一番多くなるのです。

また泳げないからと水泳ダイエットをあきらめる必要もありません。水中を歩くだけでも、普通のウォーキングよりずっとたくさんのカロリーを消費し、水圧による加圧効果も期待できます。

ダイエットでは水分摂取が大事ですが、それは水の中でする水泳ダイエットでも同じこと。陸上での運動より水中では汗をかくのを意識しにくいですが、有酸素運動の後には、きちんと水分補給をして新陳代謝を補ってください。

水分不足は疲労回復がおそくなり、むくみがでてダイエット効果を台無しにしてしまいます。水泳ダイエットは全身の筋肉を使うので、継続しているうちに知らずと基礎代謝の能率もあがり、リバウンドしにくい体質を作ってくれます。